エミ:エロヒムって、今すごくいい感じだよね。あのバランス感覚。あれは有近くんが考えたの?
有近:そうそう。基本的に友だちになりたい人としかバンドはできないなって思ってるんで(笑)。
エミ:ウチの横山くんもお世話になってまして(笑)。
有近:僕ね、デミセミの時の横山くんの表情を観るのが好きなんだよね。あの爆音を一身に浴びながら黙々と弾いている感じがね(笑)。
エミ:(笑)。バンマスって感じで。
有近:横山くんに参加してもらうようになったのは、晴男くんが誘ってくれたからなんだよね。恐ろしいことに長い間ベースなしでやってた。鶴来くんと晴男くんていう自分の弾きたいようにしか弾かない人がいて(笑)、同じようなところで鳴ってる。。。その同じようなところにまた歌がある(笑)。そんな状態でやってたから、下の方の音があってもいいんじゃないかなーって思ってたんだけどさ。
エミ:横山さんはベースなんだけど、ベースらしくないことが得意だったりするからね、そう意味であうのかも。普通のベーシストじゃないからね。たまにちょっとうざったくなるくらい。上もの的要素が強いのかなあ。
有近:あと、このバンドはマキちゃんがポイントなんですよ。いろんな意味で(笑)。
エミ:いいよね。かぼちゃ商会の時とはまた違う。。。有近くんとこでもちゃんとハマってる。
有近:エミ・エレオノーラの時って、エミちゃんと横山くんとドラムの人だけでもすべての体系をカバーしてるような感じだよね。
エミ:ああなっちゃうと私が一番落ち着いてますからね(笑)。 私、意外にまともだなと思う瞬間があるのよ。独りだとグアーっていきあげてるけど、逆に人とやるとヴォーカリストって落ち着いちゃう場面ってない? 
有近:わかる。
エミ:イヤなんだけど、指揮者っぽいところない? お客さんがいると冷静になっちゃうところがある。有近くんも恐らくそうだと思うんだけど。。。
有近:そうだよ。
エミ:だからヴォーカリストって損だよね、なんて(笑)。
有近:僕はこう言うと信じてもらえないかもしれないけど、こう見えて結構いつも冷静なんだ。それが自分でつまんないなあと思うこともあるんだけど。。。空気を見ながらやってるんだよね。
エミ:私もそう! わかんないかもしれないけど。バンドのメンバーに言うと「そんなの笑っちゃうよ」って(笑)。 バンドって、ヴォーカルが“かすがい”っていうか…。ギターとドラムとのコミュニケーションの全てがヴォーカルを中継するのよね、いちいち。


有近:僕はね、お客さんにも楽しんでもらいたいのは一番だけど、バンドのメンバーにも気持ちよく演奏してもらいたいって思ってるんだよね。
エミ:孤独ってのとは違うけど、楽器の人とはちょっと違う作業よね。あ、やっと分かった。有近くんとの大きな接点が。見ててそういうふうに思うヴォーカリストがあと何人かいるんだけど、バンドのやり方が同じなのかなって。それで気になる存在だったのよ。
有近:エロヒムの場合は、特に最近バンドっていう意識が強いんだ。そう言えば一時期、エロヒムって名前を変えようと思ってたんだけど、最近はもうそんな気なくなっちゃったなあ。わざわざそのためだけに、下北の居酒屋に集まって会議をしたんだよ。キースはもちろん、バンドのメンバー全員来たんだけど、ロクな案が出なかった(笑)。
エミ:そんなこと言ったらエレオノーラって何回変えようと思ったことか。キライなんじゃなくて、めんどくさいのよ。
有近:えっ、自分で考えたんじゃないの? 命名者がいるの?
エミ:そう。
有近:どなた?
エミ:ドイツ人(笑)。
有近:そりゃすごいや(笑)。
エミ:しかも人に名前つけといてベルリン帰っちゃって、3年くらい前にベルリンで会ったら、「オレ、そんなこと言ったっけ?」とか言ってんの(笑)。
有近:(笑)けどさ、きっとそういう方がいいんだよね、名前って。いつの間にかついちゃったら、もうそれでいいやって。
エミ:その人イベントの主催者だったの。ベルリンのクラースって人。で、フライヤーになぜか“emi eleonola”って書いてあって。。。そのドイツ人のグループが、私のこと勝手にエレオノーラって呼んでたらしいのよ。で、フライヤに何回か書かれているうちに「エミ・エレオノーラさん?」って呼ばれるようになって、そのうちめんどくさいからそのまま。私のそのエミ・エレオノーラとしてのデビューは、六本木のキャラメルっていうバーで、アーティストがよくつるんでたところ。金子国義さんとか来てた。それが29才くらい。さっき30まで暗かったって言ったけど、その辺から開けてきたのよ。
有近:じゃあ、エレオノーラがよかったんだね。
エミ:そう。最近はもう変えるつもりないの。覚えにくいからやめた方がいいよ、とかよく言われるんだけど。特に、本をだしたりすると洋書みたいに思われるよ、とか。
有近:リリー・フランキーみたいな人もいるからね。でも、エミちゃんのは、裏のビジュアルを見るとやっぱり外国人だった(笑)。
エミ:しかも、国籍不明(笑)。 地球人ばなれしてるからね。私がエロヒム?。。。あっ、こういうのどう? 地球人ばなれした人を連れてきて、これが本当のエロヒムでした!
有近:(笑)。
エミ:私、昔『ピーター・ウォンテッド・ショウ』っていうのやってたのよ。二人組で、私が打ち込みしてカラオケで歌ってるだけのユニットなんだけど、ライブ中にピーターを探すのよ。「誰でもいいからピーターを見つけた人は今すぐ報告してください! ピーターが見つかるまで続けます!」ってね。たった1回で終わったんだけど。。。そういうのどう? 宇宙人が見つかるまでやるの。芳名帳に「宇宙人」って書いてあったりしてね(笑)。
有近:(笑)。


前へ | 次へ

<有近真澄メールマガジン>
メールアドレス


Copyright(C), All rights reserved.